無料ブログはココログ

« 紅葉 | トップページ | 読書の秋 -その4- »

2007年10月18日 (木)

読書の秋 -その3-

少し前に読んだ本であるが、紹介します。

ニューヨーク州の田舎町、ショッピングモール建設工事現場で多数の白骨化したいが発見される。殺人か?事故か?死体の秘められた謎とは……

見た目は冴えないが超一流検死官ジェイクとブランドスーツに身を包んだ美人弁護士マニーが、お互いの持ち味を発揮しながら事件を解決に導くサスペンス&ロマンスが絶妙に絡み合うストーリー。

ユーモアあふれる会話でテンポもよく読ませ、どんどんページを捲ってしまいます。

著者夫婦も登場人物と同じ検死官と弁護士という事もあって、現実感が出されて良い感じでした。

永遠の沈黙 (ハヤカワ・ミステリ文庫) Book 永遠の沈黙 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

著者:マイクル ベイデン,リンダ ケニー
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 紅葉 | トップページ | 読書の秋 -その4- »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読書の秋 -その3-:

« 紅葉 | トップページ | 読書の秋 -その4- »